マイル獲得 生活向上委員会

普通のおっさんが陸マイラーとなって、空を飛びまくりたい。そしてついに2017年11月プラチナ事前になりました。これからがスタートです。

スポンサーリンク

SSD換装からのクリーンインストール!!

f:id:osssan:20170325215601p:plain

先日購入したSSD換装しちゃいました。思ったより、あっさりしたものでした。

 

 

2月頃から、PCの調子が悪く、どうやらHDDの不良のようです。その後、SSDを購入したので、換装しました。今回は、その備忘録です。

 

www.osssan.com

www.osssan.com

目次

 

SSD換装の前準備!

先日発注したSSDがすぐに届きましたが、Windowsをインストールするには、時間が必要です。最近は朝方のおっさんなので、休日の朝実施することにします。

(別件でヨドバシカメラに行ったとき、同じSSDを見つけましたが、12,000円でした)

 

 どうやら、クローンソフトがあるみたいなんですが、現状のWindowsが固まりまくるので、バックアップにも時間がかかってしまうことが考えられます。結局、クリーンインストールを選択しました。

 

作業時間短縮のため、インストールメディアの作成までは、事前に準備しておきました。

 

インストールメディアの作成

で、元々Windows8.0 ⇒ Win8.1 ⇒ Win10 にアップグレードしたPCです。インストールディスクもありませんので、インストールメディアを準備します。

 

以下にアクセス

Windows 10 のダウンロード

 

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックして、「MediaCreationTool.exe」をダウンロード。

 

f:id:osssan:20170326154202p:plain

 

まずは、USBメモリを接続しておきます。

そして、ダウンロードした「MediaCreationTool.exe」をダブルクリック。「同意する」をクリック。

f:id:osssan:20170326154746p:plain

 

「他のPC用にインストールメディアを作る」を選んで、「次へ」

f:id:osssan:20170326154807p:plain

 

「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェックを入れ、「次へ」

f:id:osssan:20170326154817p:plain

 

作成するメディアを選び(おっさんは「USBフラッシュドライブ」)、「次へ」

f:id:osssan:20170326154827p:plain

 

あとは画面に沿って作業をすれば、完了です。おっさんの環境では、10分程度やったと思います。
 

 

SSD換装!!

日曜の朝8:00少し前から、始めることにしました。

 

おっさんのPCは古く、2013年8月購入のDELL inspiron 15 7520です。Dellサポートページより、オーナーズマニュアルをダウンロードして、SSD換装します。

サポート | Dell 日本

 

f:id:osssan:20170326152024j:plain

 

まずは、バッテリを外します。その後カバーを外し、HDDを外しました。

f:id:osssan:20170326152901j:plain

 

HDDの取り付け金具を外します。

f:id:osssan:20170326152911j:plain

 

SSDに取り付け金具をつけます。

f:id:osssan:20170326152929j:plain

 

SSD交換したら、元の通りカバーを取り付けます。最後にバッテリを取り付けたら、SSD換装終了です。

f:id:osssan:20170326152937j:plain

 

 

Windows 10のクリーンインストール

インストール用のUSBメモリを接続し、F12を押しながら、PCを起動。

USBからのブートを選択し、あとは画面に沿って、進めるだけ。

f:id:osssan:20170326155931j:plain

 

時間がかかることを想定していました。

と言うのも、WindowsXPまでのクリーンインストールは、1~2時間程度はかかっていた気がしますし、中華タブレット(Windows10)の初期化を何度か実施していたんですが、非常に時間(3~4時間)がかかっていました。

 

しかし、今回の作業に関しては、SSD換装とWindows10クリーンインストールを合わせても、9:00頃には(1時間程度で)終了しました。

 

やはり、SSDが早いんでしょうね。。。かなり快適な状況になりました。

 

その後、使っていたソフトのインストールなどの環境設定は、少し時間がかかるとは思いますが、こちらは、取り急ぎの対応のみを実施しました。

  1. Firefox
  2. Thunderbird
  3. Office10 Pro
  4. Tablacus Explorer

 

最後に

ハピタスに、DMM FX案件の判定中履歴がついていないので、問い合わせしましたが、条件を完了してからしか問い合わせができないらしく、復活したPCで対応していきたいと思います。

 

この古いPCに、もうしばらく活躍して貰います。

 

 

 

スポンサーリンク